FC2ブログ

コメントお返事。

S君、コメントありがとう!

ピンポーンだよ。



しかし皆さま、今日も暑かったわね。

容赦なく降りそそぐ太陽。

肌を刺すような日射し。

2017年夏。

日傘がまったく役立ちません。

役立たず。

役立たず。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントお返事。

何度かコメントくれてたK、

了解よ。

君の新作妄想劇、楽しみにしているわ。


ワタクシ、変態マゾ諸君の奇想天外な妄想話をきくのが大好きです。

みんなホントに個性的で面白いの。

諸君のそれは、私のAll Time Bestよ。

salon-133.jpeg

気だるい昼下がり、まったり妄想コーヒータイム。

ムスビ。

いただいた本の感想です。

確か君がこの本をくれたとき、読み終わった後なんか心に残ったとか、いろんなことを考えたとか、そんなようなことを言ってた気がするんだけど、私も読み終わった後、心に残る言葉がいくつもありました。

中でもこれは忘れられないなと思ったのが、ムスビという言葉について。

「糸を繋げることもムスビ、人を繋げることもムスビ、時間が流れることもムスビ、ぜんぶ、同じ言葉を使う。それは神さまの呼び名⦅土地の氏神様のことを古い言葉でそう呼ぶ⦆であり、神さまの力や。わしらの作る組紐も、神さまの技、時間の流れそのものを顕しとる」

「よりあつまって形を作り、捻じれて絡まって、時には戻って、途切れ、またつながり。それが組紐。それが時間。それが、ムスビ」

「水でも、米でも、酒でも、なにかを体に入れる行いもまた、ムスビと言う。体に入ったもんは、魂とムスビつくで」

主人公が「目が覚めてもこの言葉は覚えておこう」と思ったように、私も絶対覚えておこうと思う。

体に入ったものは魂とむすびつく。

ということは、私が与える唾や聖水も君たちの魂とむすびつくわけね。

なんだか神秘的だわ。

こうして君からいただくことがなければ、この本を手に取ることはきっとなかったと思います。

ご縁をいただき感謝しております。

この本も私の体の中に入り、魂とむすびつきました。

私信。

伝える術がないのでこちらにて私信。

一本鞭奴隷Mへ

コメントの件でメールしたんだけど、かえってきてしまいました。

伝達事項があるのよね。

コメントお返事。

ひろさん、こんばんは。

コメントありがとう!

相変わらずマゾのようでなにより。

私とのプレイの後、そのように思ったのね。

嬉しいかぎりです。

ならばまた調教よ!

お待ちしております。
プロフィール

Mistress Midori

Author:Mistress Midori
Femdom Club SWEET DEVIL
所属

SMとは、
まだ見ぬ世界の愛のかたち。

次回出勤日
8月10日(木)16:00~21:00

living in Tokyo,
Japanese professional mistress,

Please contact Femdom Club SWEET DEVIL for booking or further information by email.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR