FC2ブログ

ハイヒール

この夏履こうと、よろこび勇んで買ったハイヒール、結局一度も履かずに夏が終わってしまいました。



靴を買う時、箱に入ったままの一度も履いてない靴たちのことが、一瞬頭をよぎります。

でもたいがい物欲に負け、「ま、いいか、あれば履くでしょ」とその時は思い買ってしまうのですが、この「ま、いいか」が結構散り積もってます。

ハイヒールって、お財布のひもを緩めさせるわー。

でも全然履いてない靴が何足もあるかと思うと、こちらのハイヒールは外履き用とプレイ用、まったく同じものを2足持っていて、両方とも履き倒しています。

salon_430_c.jpg

相当気に入ってて、もう1足、3足目が欲しいくらいなのですが、残念ながらもう同じものは手に入りません。

ちなみにお写真は外履き用、マゾが待つホテルのロビーにて。

あら、少し汚れが気になるわね。

マゾにお掃除させないと。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

動画 My Favourite Time

相変わらず、これが好きです。

私の得意分野だわね。

癖になる味

ジンベースのカクテル。

名前は失念。

一口飲んだ途端、胃袋がカーッと熱くなりました。



こちらで出されるカクテル、どれもまるでアート作品のようで、一杯一杯とても心に残ります。

そして、こうして強ーいお酒をチビチビやってると、むくむくと本性が顔を出してくる。

涼しくなったせいでしょうか、無性にロウソクを垂らしたい気分。

熱い真っ赤なロウをマゾのカラダにボタボタと、延々と。

燃えるロウの匂い、SとMが爆発させるリビドー臭、いろんな熱と匂いが凝縮された濃密な空間に身を落ち着かせたい。

しかしこのカクテル、癖になる味だわね。

舌が、脳が、この味をものすごく欲する。



動画 How many times did I say to you ?



何度言っても分からない悪い子は、体で覚えてもらうわよ!

動画は後半のほんの一部なので、あんまり映ってないんだけど、コイツ、痛がる時、足をバタバタさせるのね。

お仕置きの間ずっと、コイツはこうして痛みを表現してて、その動きが面白いのなんの。

「じっとしてて!」などと叱ってますが、心の中では「バタバタ最高~。面白い~。もっとやって!」などと思いながらお尻ペンペンしてました。

私は、痛みが許容範囲を超えそうになった時、マゾがみせる作為ない意味不明な動作、これが大好きなのね。

やつらからこういう動きが出だすと、お仕置きがさらに面白くなり、止まらなくなっちゃう。

相手が痛がれば痛がるほど、楽しいのよ。

痛みを与えるとか痕をつけるとか、いつまでも相手の記憶に残ることをするの、大好き。

ちなみに乗馬鞭の前は、ヘアブラシで尻を叩きながら激しく侵したのですが、このヘアブラシが強烈で。。。

バックに収まるコンパクトサイズでありながら、相手にしっかり痛みを与えることができる。

こんなちっちゃなヘアブラシでお尻を叩かれて、猛烈に痛がるマゾたち。

ホント、面白いわね。

salon_427_c.jpg

今、一番欲しいものはなんですか?

そういえば。

昨年も今頃、我々は公園で、こうして集ったような気がします。

暑い夏が終わり、気候が良くなってくると、外の空気を欲するのね。



ゆり様お手製のチョコレートマフィン(なんと!!!美味しかった!!!)をいただきながら、いつものように4人でしゃべりまくり、その後はタクシーでピュッと移動。

移動先は良心的すぎるレストラン。

あまりに度が過ぎて、経営は大丈夫なのかと思わず心配してしまいます。

このレストランを一人で切り盛りするシェフ、欲はあるのでしょうか。。。

salon_426_c.jpg

ちなみにグラスワインを頼むと、こんな感じでなみなみと注がれ、グラスを持ち上げるその手にズッシリと重みを感じました。

今回私は赤でいきましたが、フルーティーで飲みやすく、それでいてしっかりコクがあり、味もよかったです。

グラスワインをオーダーすると、「あらやだ、こんなの三口で終了じゃない」ってくらいしかグラスにワインを注いでくれないレストランが多数あり、私はそのたびに「あと3㎝お願いします」と心の中で呟くのですが、ここは気前がいいわね。

ワタクシ、今度またこちらにお邪魔することがあったら、是非ともシェフにきいてみたいことがあります。

「今、一番欲しいものはなんですか?」

たまりません!!!

先月届いた新しいラバーワンピ。

ドンピシャな私好みのデザイン!

そしてサイズもピッタリ!



なのに何だか着そびれていて、この日も「今日こそは!」と持参したのですが。。。

salon_423_c.jpg

結局いつものこれを着てしまいました。

ホントにこれ、私のカラダにもココロにもピッタリで。

オーダーメイドだから自分のサイズにあってるのは当たり前なんだけど、なんでしょうね、これを着ると気持ちがキュッと引き締まり、それでいてスッと落ち着くというか、すべてがしっくりくるのです。

使われているラバーの質もとても良いものだし、正に第二の皮膚。

新しいラバーワンピも、私の中でそんな風になるくらい、これから着倒さなくちゃね。

さて。

この日の生贄はこいつ!!!

salon_422a_c.jpg

こんがり焼けた肌。

お尻に残る水着のあと。

男の尻フェチであるワタクシとして、これはたまりません!!!

過行く夏を感じながら、カーテンを引いた薄暗い午後の密室で、お仕置きを堪能しました。

お写真OKマゾで、このほかにもちょこちょこ撮影したので、お仕置き風景は後ほどまたアップします。

I enjoyed punishing a naughty boy so much.

As I took a few more pictuers and videos during the session, I will post them later on.

動画「あら治療」



大股開きで拘束して、お漏らしが過ぎるマゾチ〇コのあら治療~~~。

こいつは軽々しく「ホントに!ホントに!治りました!!!」なんて訴えてるけど、このビョーキ、そう簡単に治るもんじゃないわよ。

だって、これがこいつなんだもの。

カンパ~~~イ!!!

いつのまにか、夕暮れが早くなったわね。

気心知れた女友達とのお酒=ワルダクミは、日没前にスタート。

話すことがたくさんあり過ぎて、夜が来る前に始めないと間に合わないのね。

いや、結局何時に始めても話し終わらないか。。。

ワタクシ、自分でもよく分からないんだけど、おしゃべりが苦手なのに、おしゃべりがとても好きという、何だか矛盾した性格。



まずは一件目で、この日一発目のカンパ~~~イ!!!

友人は白桃にごり酒(確かこんな名前だった)のロック、私は白桃スパークリング。

去り行く夏を惜しんで、白桃でせめてみたわ。
プロフィール

Mistress Midori

Author:Mistress Midori
プレイ予約・お問い合わせはFemdom Club SWEET DEVILで受付中。

SMとは、
まだ見ぬ世界の愛のかたち。

女性の 女性による 女性のための支配。
              
living in Tokyo,
Japanese professional mistress,

domination of the women, by the women, for the women

Please contact Femdom Club SWEET DEVIL for booking or further information by email.

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR